人気ブログランキング |
keko37's Blog
keko37.exblog.jp
ブログトップ
<   2006年 12月 ( 25 )   > この月の画像一覧
坊主は走れ、オイラはもう寝たいのだよ。
d0042851_1793352.jpg2006/11/30 Thu.から数えてもまだ21日しか経ってないのに、忘年会と名の付く宴会に出席した日数は・・・既に【 16日間 】。

毎年恒例とは言え、連日の忘年会&接待続きで、さすがのオイラもぐったり・・・。
ま、お酒はそんなに飲まないから別にいいんだけど、睡眠がね・・・。
ガムを噛んでも、熱いもの飲んでも、ボカボカなぐっても、睡魔大魔神が真っ昼間からオイラをギュッと抱きしめるんですもの。キャ。

こんな屏風が飾ってあるお店に行っても、既にあまり感動がない。
ま、コレだけ飲みに行ってりゃ、大抵の店に入っても感動なんかあんまないか(笑)
って事は、未だに行くたびにトキトキするお店は、大切にしなきゃですな。
うむ。

ちなみに、今週のスケジュール

2006/12/18 Mon. : 会社の同グループ忘年会+送別会
2006/12/19 Tue. : 取扱メーカーの接待忘年会
2006/12/20 Wed. : 会社の他部署の送別会
2006/12/21 Thu. : 神戸より友が上京してまでも忘年会
2006/12/22 Fri.  : 元競合会社の友達と忘年会
2006/12/23 Sat.  : 生肉友の会 忘年会 ← 結構不思議なネーミング(笑)

と、まだまだ続いて行くのですが・・・。
これだけ連日飲み会が続き、先月から土日は朝から晩まで予定がびっちりんこだったのにも関わらず、なぜか今週末のクリスマスイブだけはガラ~ン。
やっとこさゆっくりお家で眠れるうれしさの反面、なんか微妙(笑)
なぜその日だけ・・・。 

(-。-)y-゚゚゚


ま、いいさ。
オイラ、全力で仏教徒だし。
こないだ購入したCD達をたっぷりじっくり聴かなきゃだし。
あびるさんから出てる耳コピの課題やらなきゃだし。
※「年賀状を書く」という行為は対象外です(笑)

頑張れ、keko37。
クリスマスイブの爆眠まで、もうちょっとだ!! ← 頑張るのはそれか??

あ、靴下だけはでっかいの吊して寝てるんで、皆さんよろしく♪
by keko37 | 2006-12-20 00:00 | つれづれ。
リコール対象。
d0042851_19354661.jpg皆さんご存じですか?
NINTENDO DS Lite にリコールが発生したことを??

http://www.nintendo.co.jp/n10/news/061215_2.html?link=dstopics

オイラ、見事にヒットしました(爆)
やぁ~ね、リコール対象だなんて。
(とは言え、対象は電源だけですがね。)

ついでに、ソフトの1本ぐらいオマケしてくれないかしら??
(ファイナルファンタジー希望(笑))

年末に大阪へ帰る新幹線のお供の為にも、早くリコール申請しなきゃですわ。
むむむむ。
by keko37 | 2006-12-18 23:37 | つれづれ。
巧さじゃない、音は楽しんだもん勝ちでぃ。
2006/12/17 Sun. am11:50.
横浜駅前のベイシェラトンホテルのロビーで、それぞれ大きな荷物を抱えて大集合。
ホテル内の中華料理店でゴージャスランチとなった。

大きな荷物を持った男女入り交じった集団。
実はこれ、オイラも所属するビックバンドなんです(笑)
このバンドのメンバー構成はとっても面白くて、ベテラン組はプロとして演奏してる方、アマチュアとはいえオーケストラで演奏してる方もいらっしゃるかと思えば、楽器を買って数ヶ月しか経っていない方まで。
このレベルの幅広さは、オイラの知る限りではココしかないだろうなぁ~。

顔合わせ(もう何回目だ?)も兼ねたゴージャスランチを平らげ、みんなで横浜市内のとあるスタジオへ大移動。

d0042851_21464853.jpg2006/12/17 Sun. pm3:00.
このスタジオがかなりステキで、ピアノ、ウッドベース、ドラム、スピーカーセット、マイク、その他打楽器等もひっくるめて1部屋1時間1000円という激安プライスなのですよ!!
一人でも1000円、十人でも1000円。
10人で3時間借りても、一人たったの300円(笑)
もう笑い止まりません。


そんなこんなで、各自音出しを始め、部屋の中央に円陣を組むような形での音合わせ開始。
ある意味このバンドはホントにビックで、最大構成人数が日本全国で40人(笑)
今日は関東支部の半分強のメンバーによる音合わせとなりました。


やばい、譜面はプリントアウトしてきたけど、一音も譜面読んでない・・・オイラ。

もとから譜面読むのは大嫌いな性分なもんで、五線譜の上にコードを書き込み、楽譜を一切読まずコード譜だけを頼りに弾くことに。
ホントごめんよ、みんな・・・。
(/ロ\) びえぇ~ん。

ま、そんなズタボロなオイラでしたが、なんとか皆さんについていくことが出来ました。
はふぅ、ごめんよ、みんな・・・。


途中で録音してみんなで聴いてみたり、パート毎に合わせてみたり。
即興でセッション大会始めたりと、長いようで短かった3時間でした。

本番に向け、ちょっとまじめに譜面読むかぁ・・・。
でも、この譜面の音って、すげー面白くないんだよなぁ・・・。

自分の中の葛藤と戦いつつ、また練習しない日々が始まります。
ウソ、練習します、はい、ちゃんとします、はい。
もうちょっと弾けるようにしておく方向で頑張ります、はい。
by keko37 | 2006-12-17 21:51 | Music
年内最後のジュエリースクール&Jazz Piano
2006/12/16 Sat. am10:00.
今日は朝から通しでジュエリースクールである。

先週、枝リングを石膏で型取りた所で終わったので、今日は鋳造から。
とは言え、石膏を高温で加熱したりする前準備の時間があるため、キャストの準備をしている間に、次の課題に取り組むことになった。

ココだけの話。
実はオイラ、1年間を目処に組まれているスクールの課題を、期間中に課題に関係ないモノまで作ったにも関わらず、8ヶ月で終了してしまいました(笑)
ってことで、基礎コースの中でも基本中の基本はこれで終了。
ココからは、柔らかいロストワックスではなく、ハードワックスを使った技術を学びます。

ロストワックスとは、今までご紹介してきた溶かしたワックス(ロウ)を盛って形作る技法。
これに対し、ハードワックスとは、既にある固形のワックスから形を切り出して作る技法。
要は、足し算方向の世界から、引き算方向の世界に足を踏み入れるって訳。


今回の課題は、「指定されたモノと全く同じ寸法で仕上げる」というモノ。
今まではイメージだけ伝えられ、それを自分のイメージで好き勝手作ってきましたが、業界の仕事をするとなるとそうはいかない。
全く同じモノをいくつも作れてこそ、技術屋としてのプロになれるというものです。
ま、別にオイラが業界の仕事をするって意味ではありませんが、模写(?模倣?)から始まるのは、どの業界も同じって訳です。
シンプルな平打ち型リング。
 [ 厚み ]  上部:3mm、左右:2mm、下部:1mm。
 [ 幅 ]   上部8mm、下部6mm。
 [ サイズ ]  12号
 ・角はカーブさせるのではなく、直角に落とす。
ミリ単位の数値を守るように、きっちりと寸法を計りながらハードワックスに絵を描き、必要なサイズ分だけを切り出します。
今まではスパチュラでペタペタと作業してましたが、ハードワックスになると急に大工さん大変身!

d0042851_1053417.jpgまず、一番最初に切り出すときには大きなノコギリを使用。
細かい切り出しは、糸鋸やヤスリを活用し、指定サイズに調整。
原型になる形が切り出せたら、まずは12号のサイズになるように、穴を大きくします。

ココでいきなり大失敗(笑)
後ろの先輩や先生と話しながらクリクリと穴を広げていたら、知らない間に12号を越えてしまいました!!
しかも、ちょっと斜めに穴あいてやんの・・・ 
(TロT)
あ、スタートから大失敗・・・。

オイラのお間抜けな失敗に、先生苦笑。
始まって30分も立たないうちに、課題内容が [ サイズ ] 13号 に変更されました(笑)
ダメ子ちゃんって呼んでください・・・ (/ロ\) びえぇ~ん。

気を取り直して作業再会。
次はリングの周囲を直角を保ちながらカーブさせていく作業に。
そして、直角が出ているかを計測するのに役立つのが「スコヤ」。
※L字型の直角測定器。

スコヤをコーナーにあてながら、いかにに直角に、そして希望する値に近づけるかを考えながらヤスリます。
オイラのヤスリのかけ方が悪いらしく、なかなか直角にならない。
ハードワックスに悪戦苦闘していたら、キャストができあがったと声を掛けられた。
ってことで、ココでハードワックスの課題は一端終了。


d0042851_10678.jpgあわててシルバーを必要グラム数だけ購入。
高温のガスバーナーでシルバーを熱し、遠心力で一気に流し込めばキャスト完成!!
真っ赤に解けたシルバーが黒色に冷えたのを見計らって、一気にキャストを水の中へドボン!!
一瞬にして水が沸騰する様は、いつ見ても面白い。
真っ黒クロスケになったリングを取りだし、石膏をキレイに洗い流してから硫酸の入ったポットへぽいっ。

数分後にはキレイに酸化膜の付いた真っ白いリングに大変身しました。
コイツをバレルに突っ込んで、お昼休み中にグリングリン回して、簡易研磨をさせておけばコレでやっとこさ工程の半分が終了。
さ、午後は大研磨大会だ。

d0042851_1062427.jpg2006/12/16 Sat. pm2:00。
昼休みが明け、作業再開。

バレルで磨かれてピカピカに光り輝いている枝リング。
まず最初にするのは、石合わせ。
ワックス時にちょっと大きめに穴を切っておいても、鋳造すると全体的にちょっとサイズが小さくなる。
そこで、石がジャストではまるように、石台の周囲を削って微調整するんだけど、コイツに今回悪戦苦闘。
普通のデザインより、枝になっている分、その収縮率がバラバラで調整が思っているよりも難しいのだ。
それに、枝が細いから削り過ぎると折れそうだし・・・。
いつもならそんな時間が掛からない作業なのに、やっとこさ石が落ち着いた頃には1時間が経過していた。

石が落ち着いたら、まず最初はリングの裏側研磨して完成させるんですが、今回は新たにセラミック製のヤスリ(ルーターに着けるヘッド)を購入。
こんな小さいにのに、#120、#320、#500、#1000 の4種類だけで1500円以上。
こう言うのを買いそろえていくのは、ホント機材代が掛かりますね。
ま、ボーナス出た後だからかろうじて生きていけるけど(笑)

#1000 まで磨き上げたら、最後につや出しを使ってバフがけして完成。
裏側に SILVER の刻印を打つんですが・・・あれ、弱かった(笑)
うっすら SILVER って見えます、はははは(^_^;)

次は表側。
まず、枝の先端部部で石を押さえる台座周辺をヤスってくぼませます。
こうしておくと、枝を倒して石留めしたときに、キレイに仕上がるんだって、へぇ~~~。

先程と同様、セラミック製ヤスリで磨いていくんですが、このままピカピカに仕上げてもいいんだけど #120、#320、#500 でストップ。
枝の立体感がより楽しめるように、ココから初の「 いぶし銀 」加工にチャレンジすることに。


d0042851_1072675.jpg複雑な作業かと思いきや、いたってシンプル。
硫黄の原液をコップに1cm程入れ、それにお湯を足して溶液完成。
硫黄って、ホントに褐色なのね。
そういえば、昔何も知らない頃に、リング付けたまま温泉入ってえらいことになったのをココで再現するって訳ね。

溶液にリングをドボンと投げ込んで、30秒もすれば、真っ黒クロスケになったいぶし銀のできあがり。
せっかく磨いたのに、また真っ黒クロスケ・・・、なんか複雑。


d0042851_1074268.jpgつや出しを付けながらバフがけすると、硫黄が取れてピカピカのシルバーが顔を出します。
要は、磨き残した所に黒い硫黄が残るって訳。
どれぐらい残しながら磨くのかは、オイラの好みに掛かっているって事ですな。
それにしても、ちょっといぶしただけで、一気に枝に立体感が出てくるのが面白いですなぁ。

ヒートフォームをお湯で温め、リングの周囲にぐるっと巻き込んだ所で本日終了。
ホントは石留めして持って帰りたかったのになぁ・・・残念。
このリングの完成は、また来年って事で。


2006/12/16 Sat. pm6:00.
西麻布のスタジオへ移動し、Jazz Piano のレッスン開始。
ってか、先生今日はオットコマエなカッコ(ダークグレーのスーツ、黒いシャツ、黒の革靴)じゃないですか!!
先生曰く「ジェームスボンド」らしい(笑)

ま、そんなコネタはさておき、レッスン開始・・・ですが、内容はいつもの通りズタボロなんで省略(笑)

d0042851_1032684.jpgレッスン修了後、今日はこの後もあびる先生とご一緒。
六本木の Cool Train って Jazz Bar で pm7:30 からライブがあるというので、今日はそのまま友達連れて遊びに行きました。
連れて行ったお二人は音楽好きなものの、機会がなくて Jazz ライブに来たのは今日が初めてだったらしい。

普通はそういうものなんですかね?
じゃ、お二人に素敵な機会を提供できたって事で、今日は1日1善達成!
うほ \(o ̄∇ ̄o)/

今日のバンドは「 ODT 」という名前で結成されたトリオ構成。
※生徒だからこそ知る真実: [ ODT ] Over Drinking Trio (飲んだくれ集団)の略(笑)
ODT
 ピアノ: あびる 竜太 
 ドラム: 原田 俊太郎 
 ベース: 斉藤 草平  
なんでも、このトリオで来年年明けにCDが出るそうです。
CDのジャケット写真の構成とかを色々と話聞いてたんですが、えれ~カッコイイ仕上がりになりそう。
もちろん、カッコイイ曲が目白押し!!
リリースされた際には是非一家に一枚、お試しアレ。

ある意味、ステージとは違うおもしろおかしい顔をたくさん知ってるオイラとしては、ライブが面白くて面白くて仕方ないのですよ。
サトチャンに跨って満面の笑みを浮かべた飲んだくれが同一人物とは思えないぐらい、ロマンティックで甘いメロディーをたっぷり聴かしてくれるんですもの(笑)
これぞプロ(笑)

クリスマスシーズンって事もあり、クリスマスに関連した曲がいくつかありましたが、どれもこれまたカッコイイアレンジで。
カッコイイ、それしか言葉を持ち合わせていない自分の低脳っぷりが悔しいですが、カッコヨカッタです。


ジェームスボンドを意識したお三方のカッコイイライブ写真は、いつの日か彼等のサイトでUpされる事でしょう。
是非とも、音を聴きに行ってみて下さい。
カッコイイこと請け合いですから。
by keko37 | 2006-12-16 23:37 | Works
" 夢 " って言葉は好きですか?
d0042851_2061486.jpgケーキが食べたいとほざく友のために、なぜか深夜にケーキを焼かされた。
こんちきしょう、keko37お手製 レアチーズケーキ でもかっ喰らって、とっとと帰りやがれ!!
明日朝早いっちゅーねん
 ヽ(*`Д´)ノ

シャンパン片手にレアチーズケーキを頬張りながら、深夜のスポーツニュースで松坂大輔の契約インタビューをやっていた。

夢は見るモノで、かなわないモノだから、" 夢 "ってコトバは嫌い。

みたいなことをサラッと語る松坂氏。
そうか、そういう考え方もあるのかぁ・・・。


オイラの実家はオイラが小さい頃から、食事で使う食器は自分の好きなモノを使うという風習があった。
そのせいもあって昔から陶器(特に土モノ)が好きだったし、好きが高じてロクロを回してみたりなんてのも普通に生活の一環として受け入れていたような気がする。

1998年12月某日。
大阪から横浜するにあたり、住居や引っ越しの準備をいそいそと始めていた当時。
せっかくの一人暮らしだから、どうせなら食器も新調しようと決心。
もちろん、好きな作家さんの作品でね。

ってことで、当時オイラが好きだった清水焼の窯元「 海老屋 龍山 」の奥様に、お得意の羅漢様(位の高いお坊様)の絵が描かれたの深皿、お椀、お湯のみを別注で作っていただくようにお願いしたのである。
奥様はいつもの優しい笑みを浮かべ、羅漢様に添えるコトバを一緒に考えてくださった。

keko37ちゃん、書く文字は何がよろしやろか?
ご飯食べ終わった後にコトバが見えた時に、おっしゃ思えるのがいいっすね。
・・・こんなのは?


 「 泣いても笑っても同じ一生 笑って 笑って 感謝

それガンバロってなりますね! じゃ、それはお茶碗に。

じゃあ、深皿はこんなのでどないでしょ?


 「 時間は作るモノ、人は信じるモノ、夢は見るモノ

そこでオイラ、むむむっと考え込んでしまいました。

「夢は見るモノ」という人は多いけど、それってなんか違うと思うの。
そんなの、なんだか人生寂しすぎるじゃない。

「夢は叶えるモノ」って言う人もいるけど、それもどうだろうって思うの。
そんなにムキにならなくてもいいじゃない。


夢を叶えるために努力するのも必要で、あこがれを持つのも必要で。
オイラにとって重要なのは、夢を抱きながら、それに向かってがんばろぉ~っていう前向きな気持ちだと思うんですよね。

夢を叶えるためがむしゃらに突っ走るっていのも人生では必要だけど、そこまで気負わないっていうか。
そんな大きな夢じゃなくても、小さな夢から少しずつ近づいていければいいかなぁ~って思うんですよ。
「そんな考え甘いぞ!」って言われちゃうかも知れないけど(笑)

だから、最終的には、オイラの思いをコトバにしてもらいました。

 「 時間は作るモノ、人は信じるモノ、夢は叶うモノ

夢を抱いて、少しずつでもいいから夢の方向に向かって進んでいけば、進み方は小さくても、いくら時間が掛かっても、いつの日かは叶うんじゃないかなぁ~って。
ぬるいかも知れないけど、甘いかも知れないけど、その時にオイラのココロにあったコトバ。
龍山さんの手によって、素敵な作品に姿を変えました。


できあがった作品を手にした8年前。
ハタ目にはあの頃から大して成長してないかも知れないけど、あの頃にオイラと比べたらちょっとは色んな事が出来る様になったかも知れない。

あの頃から変わらない夢。
松坂ほど大きな夢ではないけれど、少しずつ、少しずつ、夢はオイラに近づいている。
少しずつ、少しずつ・・・。
by keko37 | 2006-12-14 23:37 | つれづれ。
ぶり大根に赤霧島、祝い酒にはもってこい。
2006/12/12 Tue.
ご近所の飲み仲間「チーム岸根」によるささやかな忘年会+お誕生日会が開催された。
もちろん誕生日はオイラではなく、チーム岸根のお一人なんだけどね。

どうせなら美味いのを食おうという事で、地下鉄に乗り桜木町へ向かう。
そこから歩き、最近チョコチョコ通っている小料理屋「 つぼ 」に到着。
急に電話したにも関わらず、素敵な笑顔で迎えてくれた女将に感謝感謝でござい。
※ちなみに、「 つぼ 」は一見さんお断り+電話予約が必要なお店です、はい。

d0042851_2232334.jpg本日の激ウマ料理「 ぶり大根 」。
ぶりの生臭さは全くなく、ホントに旨味だけがしっかりと出ている所もすごいんだけど、箸がすっと通り、中の中までしっかりと染みた大根がこれまた美味い!
ぶりの生臭さを取るために、お番茶(茶色)の茶葉でコトコトと煮るんだって。
いつもお店に通う度に、色々と料理の小技を教えていただけるので、それだけでもホント勉強になります!

今日も何から何までウマウマでお腹いっぱい。
幸せ、ウホウホ。

d0042851_22334716.jpg普段オイラ達の名前でボトルキープしてるのは「 黒霧島 」って芋焼酎なんだけど、今回は珍しい「 赤霧島 」ってのが手に入ったというので、新たにボトルキープを追加(笑)
この赤霧島が美味いんですよ!!

黒霧島は普通の芋焼酎と一緒で「 サツマイモ 」から作られている。
しかし、赤霧島は紫芋の「ムラサキマサリ」から作られている。
このせいか、赤霧島は普通の芋焼酎よりも甘みがあり、とってもフルーティー。
ロックで頂くのには、もってこい!!

いつもは16年物の梅酒をちびちび飲んでるオイラも、今日は赤霧島にどっぷり(笑)
この日だけで、ボトル半分はなくなりました。
あ、もちろん、オイラだけじゃなくて、みんなでですがね。

幸せになったヤツ、三十路に足を踏み込んだヤツ、そして、何一つ変わらないオイラ。
このままでいたいような、大きく様変わりしたいような・・・。
ほふぅ。
by keko37 | 2006-12-12 23:37 | つれづれ。
Jazz Piano を習うと、もれなくオーラ鑑定が付いてくる(笑)
d0042851_231554.jpg2006/12/11 pm5:30.
新宿での仕事が終わり、そのまま西麻布のスタジオへ移動。
今日は平日だけどJazz Pianoのレッスンなのさ。

偶然、オイラの前の生徒さんが譜面を置き忘れていったらしく、見たこともない譜面がオイラのピアノの前にで~~んと置かれていたので、何となく右手のフレーズを弾いていたら・・・

あ、その譜面、さっきの生徒さんのかぁ。
うん、そうみたい。はい、先生。
ま、いいや、じゃ、それ弾いてみようか。
はぁ~~~? 初見?? マジで?
いや、だって、今弾いたでしょ、メロディー?
いや、弾いたもなにも、ちょっと音出しただけやし・・・
はいはい、弾いた弾いた!!

譜面持っててもろくに弾けないオイラに初見だなんて、オニ~~~~~!!
ま、相変わらずのズタボロっす (^_^;)

そんなこんなでレッスンが終わり、グッタリーニさんになって退室。
すると、オイラの後の生徒さんが来てました。
この生徒さん、ブラジル系ジャンルではプロのピアニストとして活躍している方で、その上某音楽院でも教えてるっていうすごい人なのに、なぜかオイラの先生に習いに来てるんですよね。
プロ vs プロ のレッスンは、防音室から漏れてくるかすかな音だけでも、すごい感動します。
中に入って見学したいぞ!!

防音室からかすかに漏れてくる音を惚れ惚れと聴いていたオイラの後ろから、学長の声が飛んできた。

お、keko37さん、ちと胃腸が弱ってるわね(笑)
へ? なんでですか?
腹部アタリのオーラが黄色みがかってるもの。いつもはキレイなゴールドだけど。
はぁ?? オーラ??

実はこの学長さん、色々とヒーリングの勉強もされているらしく、オーラや前世が手に取るように分かるというのだ。
なんでも、オイラのオーラはツヤのあるゴールドで、しかも普通の人よりもかなり強いんだってよ。
そういえば、昔オーラ鑑定写真を撮った時にも同じ事言われたなぁ・・・。

これからの人生、keko37さんは、ゴールド → 緑 → 青 にオーラが変わっていくと思うわ。
何でですか?
だって、そういう風に生まれて来てるし、そうなるように選び取ってるじゃない(笑)
何を?
keko37ちゃん一番近い前世は、お坊さんだったのよ。仏像とか好きでしょ?
はい、すごく。
お不動さんに守られてるのね、すごく強く。
゜ロ゜;)エェッ!? なんで分かったの??
だって、守られてるんだもの(笑)
数珠・・・してるからですかね?

それもあるけど、前世のお坊さんの時にすごく修行したんだと思うわ。
だからやけに現実的に物事を見たり、歳の割に冷静だったり。
持っている精神レベルが仏事世界のまったりとしたというか、ねっとりとしたというか、そういう状態なのね。
で、その精神レベルのもう一段上に上る為の修行をするのが、現世のkeko37ちゃんに課せられた課題って訳ね。
だから音楽を続けてる。音楽好きでしょ?
音楽には、精神をサラサラとしたもう一段上の世界へと浄化する作用があるのよ。
だから、どんな形であったとしても、音楽を続けてる。
本人が気付いて無くても、ちゃんと現世で課せられたモノに向かって修行してるの、keko37ちゃんは。

奥底にある本当の自分と向き合いなさい。
ピアノを弾くときに、自分のオーラを感じてみて。
鍵盤に触れてる時って、絶対気持ちもオーラも解放されてて別人になってるから(笑)

精神レベルをあげてゴールドからキレイな緑色にオーラが変わると、keko37ちゃんは愛を与える側の人になるの。
ピンク色の愛は、欲しい側。
緑は、もっと高いレベルで、包み込んで与える側の愛なのよ。
で、さらに高めることで、青になる。


青になったらどうなるんですか?
青はヒーリングの力を持つ、高い精神レベルの色。
元々keko37ちゃんは勘が冴えるし感性も鋭いから、修行すればヒーラーになれるでしょうね。
深い愛を与えることで、救いや癒しを与える側になる。
そういう風になるんじゃないかなぁ?

癒す・・・? オイラ、癒しキャラじゃないですよ?
たぶん、言葉を巧みに操れる人だから、会話の中で解きほぐして癒していくってタイプなんだろうね。

・・・。
去年、めちゃめちゃ紫が気になって、紫の物を買いあさったんだけど、昨日と言い、最近ゴールドの物が欲しくて・・・。
本気で指輪買いそうになりましたよ(笑)
これって何か関係あるんですかね?

買えば良かったのに!!
ゴールドが欲しいのは、自分のオーラを補てんしたいからよ。
次のステップに上がるために、身体が補充したがってるのよ。


次のステップ・・・ですか。
ちゃんと必要な物を必要なときに選んでるし、選ぶ力もあるから。
自分の勘を信じていいの。
もっと自分を信じていいのよ。


Jazz Pianoを習いに行ったのに、なぜかヒーリングされてるオイラ。

5歳の時には般若心経が唱えられた。
お不動さんに行くと心が安まる。
小学生からお不動さんでお清めされた数珠を着けている。
お寺にいるとしっくりくる。
大好きだった東福寺の前副館長が着ていた紫の袈裟が忘れられない。
練習は嫌いだけど音楽は好きだ。
下手だけどピアノを弾いてると、なんだかちょっと機嫌がいい。

いつも馬鹿話しか学長としてないのに、オイラのプライベートなんて何一つ知らないはずなのに。
偶然とはいえ、この話が出たのも何かの縁なんだろうね。
今思っている悩みも迷いも、自分を信じて進んで良いよって事をオイラに分からせたかったんだね、自分。

ヒーリングかぁ・・・。
パワーストーン系のヒーリングは、昔ちょこっと囓った事がある。
ま、そこから石の勉強をして、ジュエリーが好きになって、作るまでに育っちゃったって経緯があるんだけどさぁ。

これも良い機会だから、ちょっくら勉強してみっかなぁ・・・。
by keko37 | 2006-12-11 23:37 | つれづれ。
散歩のゴールはカルティエ?
d0042851_059351.jpg無性に歩きたくなった。
こんな日は、道連れがいるとちょっと楽しい。
そんなオイラの気まぐれに、可愛そうに付き合わされてしまった被害者一名。
付き合わされただけでも可愛そうなのに、オイラへの貢ぎ物(旅行土産)までお供えしてくださいました。

 ・LEGOキャラの顔の形をした塩&砂糖入れ
 ・LEGOブロックのワインの栓抜き&瓶用栓抜き
 ・LEGOの腕時計

LEGO好きなオイラにはどれもヨダレモノ。
ってか、巻き上げられてホント可愛そう・・・。

どうせ散歩するなら絵でも見に行くかと、上野の森美術館で開催している「ダリ回顧展」へ行ってみたら、それはそれはの長蛇の列。
入場制限までしているらしく、チケット買うだけでも45分待ち。
そこまでして見たかった訳でもないため、上野公園内を散歩して上野駅前のオモチャ屋へ向かう途中、へんな道を発見。

d0042851_0575041.jpg


なんじゃこの道?
とりあえず行ってみると、急に昭和40年代ぐらいの空気の亜空間へ導かれ、古めかしい料理屋さんの入り口の前に降りてきた。
絶対ココ、変なの住んでるぜ。

そういえば渋谷bunkamuraで「エッシャー展」をやっていたのを思いだし、電車に乗って渋谷へ。
bunkamuraに到着したら、コッチもすごい行列!
そんなにみんな絵画展とか行くの好きだったっけ??
こんな事なら、銀座の画廊巡りとかにしときゃよかった(笑)

結局エッシャー展も見ず、渋谷 → 裏原宿 → 表参道 → 南青山 といういつものオイラの散歩道へ。

なんとなく吸い寄せられるようにカルティエに入ったら、オイラの心臓を鷲掴みにするリング発見!!
d0042851_1367.jpg

写真は細い方のリングだけど、この写真の倍ぐらいある幅もあり、まったりとした深い黄金色をした18Kの幅太リングに、カルティエの大小様々な大きさのロゴが散りばめられたリング。
価格は9万円弱という、なんとも手が届きそうな価格帯にも一目惚れ(笑)

ホントは、マリッジリングらしいんだけど、オイラはこれを左手の小指用ピンキーリングにしたい。
久しぶりに物欲がメラメラと燃え上がり、その後は話の度に「あのリング欲しい~~~」と連呼する程(笑)
自分で作れば早いんじゃない?って言われればそれまでですが、あんまりにもキレイな仕上がりに惚れ惚れしたんですもの♪
やっぱ、良い作り手の作品はそれだけでステキ(笑)

やばいなぁ、本気で欲しいぞ・・・。
ボーナス・・・いや、そんなゆとりは・・・。

・・・悶絶(笑)
by keko37 | 2006-12-10 22:37 | 物欲教
どんなジャンルでも、アーティストさんの発想は面白い。
d0042851_10445753.jpg2006/12/9 Sat. am10:00.
今日は朝から夕方まで通しでジュエリースクールへ。
教室の扉を開けると、いつもと全然違う受付スペースにビックリ!
そっか、今日は生徒と先生の作品が一堂に集まった展示即売会だったわ!!

300点にも上る数々の個性豊かな作品に、オイラの物欲もメラメラ(笑)
ホントに素敵な作品ばかりで、見てるだけでも至福。
こんなに手の込んだ面白い作品が一同に見れるなんて、なかなかないからね。
安いモノは3000円代~、高いのは数十万クラスのモノもあるけれど、これだけ手の込んだ一点物って考えると破格だなぁ~と思うわけですよ。
ま、この日はあんまり現金持ってなかったので作品を購入できずに涙をのみましたが、ホント勉強になりました。
オイラもこんな素敵な作品が作れるように頑張ろう、うむ。

d0042851_10492720.jpgそんなこんなで、本日も作品作り開始。
先週は枝リングの不必要な部分をくりぬいた所で終了していたので、今日はその枝を立体的になるように彫刻する所から開始。
スパチュラで削って削って枝を立体的に這わしていきます。
根本は太く、先端に行く程細く。
枝が立体的に交差してる感じにしたい部分は、その高低差が分かるように掘り掘り。

数時間後、出来た~~~と喜びながら先生のチェックにドキドキ。

ココの空間空きすぎだから、もうちょっと枝増やそうか。
はい。
それと、このラインはこういう風に変更した方が流れが出て良いわねぇ。
・・・はい
 (TロT)

駄目出し喰らって修正開始。
なるほどね、そういう感覚で行けばいいのね、学習、うむ。

さらに数時間後。
再び先生のチェックを受け、やっとこさOKをもらう。
うれしさのあまり、オイラ大きく万歳(笑)

d0042851_104615100.jpg溶剤を塗布した後、スプルー線(湯道)で台に固定してさらにスプレー。
乾燥したのを見計らい、鉄缶(金属製の筒)をはめて壁を作り、その中に溶かして真空吸引式脱泡鋳造機で脱泡(真空状態にして空気を抜いた)した石膏を流し込んで埋没。
ココで本日終了。
※真空吸引式脱泡鋳造機なんて見る機会ないでしょうから、パチリ!

ふぅ~、やっとキャスト出来る所までこぎつけましたわ。
やっとこさ折り返し地点。
来週もオールでジュエリースクールなんで、来週は鋳造からっす。


今日は展示会最終日って事もあり、今日来ている生徒全員でお片付け+打ち上げパーティー。
素晴らしい作品を作る方とお話しさせていただき、デザインの発想や技術の話にオイラの目はキラキラ(笑)
勉強になる話ばかりで、時間が過ぎるのも忘れて聞き入ってしまいました。
ほんと奥が深い世界ですね。

2006/12/9 Sat. pm10:30.
まだまだ続く打ち上げを抜け、一人銀座にある某ギャラリーバーへ。
今日が誕生日のアーティスト友達に会うために久しぶりに訪れたんだけど、お店の扉を開けて周りを見渡しても彼女は不在。

残念だなぁ・・・と思い、一瞬しょげたオイラでしたが、ふと横を見ると知ってる顔が!!(笑)
偶然とはいえ、思いもよらない場所でもちゃんと会うべき人とは出会うように出来てるんだなぁ~って実感。
偶然じゃなくて、やっぱこの人達との出会いはオイラにとって必然なんだろうね。

ってことで、よく知った常連客同士でカウンターでわいのわいの、楽しい時間を過ごしていると、新たに2名のお客様が来店。
一人は絵描き、一人は写真家。
この店に出入りする大半はアーティストなので、とくに珍しい事ではないのですが、絵描きの彼の発言が面白かった。

君、今はお酒でピンク色になってるけど、色白でしょ?
オイラですか? そうですね、よく白いって言われますよ。
いいよね、keko37さん、肌とかピチピチしてて張りもあるし。
どっちかっていうと、パンパンって言われますけどね(笑)
や、いいよ、君!
は?
肌の張りつやといい、表面積の大きさといい、色の白さといい・・・君、ボディーペインティングのモデルしない?
へ?
絵の具の色乗り良さそうだよね、keko37ちゃん。。。
はぁ。
じゃ、これも縁だし、私の写真のモデルにもなってよ!!
あぅ??


それにしても、「 表面積が大きい 」って観点で褒められるってどうなんだろう??
言葉の使い方って面白いなぁと実感した夜でした。

酔った勢いで「イイッスヨォ~~~」なんて安請け合いしたオイラ。
どうなることやら(笑)
by keko37 | 2006-12-09 23:37 | Works
昭和38年生まれのお友達。
2006/12/8 Fri.
本日は、我が社のボーナス支給日。

今年はボーナス出ないだろうなぁ~なんて思っていたのに、あらびっくり。
来年に向けてなんだか色々と期待というか重荷をちょいっと背中に乗せられ、来年はより一層忙しくなりそうな予感。
どうやって新システムを立ち上げようかってグリグリと思考を巡らしていたら、退職するのはもう一つぐらい築いた後でもいっかなぁ~とか思い直してみたり(笑)

ま、神様の導くまま、なるようにしかならんって事で。


そんなことより。
日本で一番住民税が高い横浜市のおかげで、合計するとビックリするような税金を徴収されているではないですか!!
税金がジュエリースクールの年間授業料並みってどういう事やねん!!
ヽ(*`Д´)ノ ムッキー!!

小学生より貯金額が低いという情けない生活は、いつになったら抜けれるんでしょうね?
もうオイラいい歳なのに・・・(^_^;)
昔は貯金好きだったのに、今は使う方が得意♪  (・_・)ん?


そんなお金の「 か 」の字も縁がなくなりつつあるオイラですが、先日ヒヨコさんから面白いモノを頂きました。
なんでも、ヒヨコさんもとあるデザイナーさんから譲り受けたんだとか。

■昭和38年の五十円玉

d0042851_2364046.jpgd0042851_2364631.jpg

昔の五十円玉の表側って、意外にゴージャスな花柄(?)なのね。
そして面白いことに、この五十円玉の中心の穴って、若干ずれてる(笑)
昔はこれでもアリアリだったんでしょうね。


初めて出会った五十円玉。
もしかしたらこの子とのご縁で、お金が貯まるようになるかも知れない。← 夢見がち?
それに、くれたのヒヨコさんだし♪ 元を辿れば持ち主いけてるデザイナーさんだし♪

先月購入した黄色のパイソン財布に大切に大切に保管。

( ̄人 ̄) お金が貯まりますようにぃぃ~~~。
by keko37 | 2006-12-08 23:08 | つれづれ。