人気ブログランキング |
keko37's Blog
keko37.exblog.jp
ブログトップ
2006年 12月 14日 ( 1 )
" 夢 " って言葉は好きですか?
d0042851_2061486.jpgケーキが食べたいとほざく友のために、なぜか深夜にケーキを焼かされた。
こんちきしょう、keko37お手製 レアチーズケーキ でもかっ喰らって、とっとと帰りやがれ!!
明日朝早いっちゅーねん
 ヽ(*`Д´)ノ

シャンパン片手にレアチーズケーキを頬張りながら、深夜のスポーツニュースで松坂大輔の契約インタビューをやっていた。

夢は見るモノで、かなわないモノだから、" 夢 "ってコトバは嫌い。

みたいなことをサラッと語る松坂氏。
そうか、そういう考え方もあるのかぁ・・・。


オイラの実家はオイラが小さい頃から、食事で使う食器は自分の好きなモノを使うという風習があった。
そのせいもあって昔から陶器(特に土モノ)が好きだったし、好きが高じてロクロを回してみたりなんてのも普通に生活の一環として受け入れていたような気がする。

1998年12月某日。
大阪から横浜するにあたり、住居や引っ越しの準備をいそいそと始めていた当時。
せっかくの一人暮らしだから、どうせなら食器も新調しようと決心。
もちろん、好きな作家さんの作品でね。

ってことで、当時オイラが好きだった清水焼の窯元「 海老屋 龍山 」の奥様に、お得意の羅漢様(位の高いお坊様)の絵が描かれたの深皿、お椀、お湯のみを別注で作っていただくようにお願いしたのである。
奥様はいつもの優しい笑みを浮かべ、羅漢様に添えるコトバを一緒に考えてくださった。

keko37ちゃん、書く文字は何がよろしやろか?
ご飯食べ終わった後にコトバが見えた時に、おっしゃ思えるのがいいっすね。
・・・こんなのは?


 「 泣いても笑っても同じ一生 笑って 笑って 感謝

それガンバロってなりますね! じゃ、それはお茶碗に。

じゃあ、深皿はこんなのでどないでしょ?


 「 時間は作るモノ、人は信じるモノ、夢は見るモノ

そこでオイラ、むむむっと考え込んでしまいました。

「夢は見るモノ」という人は多いけど、それってなんか違うと思うの。
そんなの、なんだか人生寂しすぎるじゃない。

「夢は叶えるモノ」って言う人もいるけど、それもどうだろうって思うの。
そんなにムキにならなくてもいいじゃない。


夢を叶えるために努力するのも必要で、あこがれを持つのも必要で。
オイラにとって重要なのは、夢を抱きながら、それに向かってがんばろぉ~っていう前向きな気持ちだと思うんですよね。

夢を叶えるためがむしゃらに突っ走るっていのも人生では必要だけど、そこまで気負わないっていうか。
そんな大きな夢じゃなくても、小さな夢から少しずつ近づいていければいいかなぁ~って思うんですよ。
「そんな考え甘いぞ!」って言われちゃうかも知れないけど(笑)

だから、最終的には、オイラの思いをコトバにしてもらいました。

 「 時間は作るモノ、人は信じるモノ、夢は叶うモノ

夢を抱いて、少しずつでもいいから夢の方向に向かって進んでいけば、進み方は小さくても、いくら時間が掛かっても、いつの日かは叶うんじゃないかなぁ~って。
ぬるいかも知れないけど、甘いかも知れないけど、その時にオイラのココロにあったコトバ。
龍山さんの手によって、素敵な作品に姿を変えました。


できあがった作品を手にした8年前。
ハタ目にはあの頃から大して成長してないかも知れないけど、あの頃にオイラと比べたらちょっとは色んな事が出来る様になったかも知れない。

あの頃から変わらない夢。
松坂ほど大きな夢ではないけれど、少しずつ、少しずつ、夢はオイラに近づいている。
少しずつ、少しずつ・・・。
by keko37 | 2006-12-14 23:37 | つれづれ。