人気ブログランキング |
keko37's Blog
keko37.exblog.jp
ブログトップ
金属も火傷、オイラも火傷?
・Meetingの延長で飲み会(ってか、飲みMeeting)
・南青山にあるフレンチレストランでお食事会(もちフルコース)
・千葉で海を堪能
・Jazz Piano のレッスン

と、平日に予定を詰め混まれてしまったため、身体へろへろ。
連チャンはちと辛かったか・・・。

そんな身体を休める暇なんぞなく、そのまま土曜日に突入。
ゆっくり寝ればいいものを、ちゃんと普段と同じ時間に起き出して家事終了。
大きな荷物を持ち、そそくさと家を出た。

d0042851_18114555.jpgさて、毎度のジュエリー教室。
前回、金属ヤスリで荒削りまで終了。
(写真は荒削りが終わった所)
本日は、電動ハンドルーターでグゥイィィィ~~~~ンと細部まで磨くことに。

まずはリングの裏側に対して、粗めの400番からスタート。
さらに、600番→800番→1000番とドンドン目を細かくする。
1000番が終わると、研磨剤を付けての磨き。
この磨きを掛けると、急激にピカピカと光り出すのだ。
この瞬間がにんまりポイントである。

d0042851_18122564.jpgリングの裏側が完成すると、刻印を打つ工程に。
下側の鉛板をリングと同じ形状に形作り、刻印をあてがって木槌でとんとんするのである。
強すぎてもいけない、よわすぎてもいけない微妙な力加減な必要なのだが、ちょっくら弱かったのと、あと打っている時にずれてしまったようで、刻印が2重に入ってしまった・・・。
ま、裏側は見えないからいっか・・・ (^_^;)

裏側が完成したら、次は表側。
裏側と同じ手順で削り続け、最後の磨きを掛けたんだけど・・・なんじゃこりゃ?
いつもならばピカピカと光るはずなのに、曇っているエリアがまだら模様に現れた。

・・・なんでしょう、このまだら模様??
あぁ~、火傷しちゃったのね。火傷。
やけどぉ?


研磨工程で発生する摩擦熱で金属が火傷してしまい、光らなくなってしまったというのだ。
今回のような平面的で金属面の広いリングは熱がこもりやすいため、温度が上がらないように注意しなければならないらし。
確かに削ってる最中、持ってて「アチィ!」って瞬間あったもんなぁ・・・。
金属が火傷するなんて、初めてしりました。
意外に繊細なのねぇ。
(こんなに幅広なリングは作った事なかったから、偶然火傷現象が出なかっただけだったのね。)

このまま仕上げるわけにもいかないので、また400番の荒いヤスリで一皮剥くように削り直さなければならなくなりました。
ゴール直前で振り出しに戻る・・・。 (TロT)

やっとの思いで1000番まで到着した所で、本日終了。
なんか疲れた。

ちなみに。
ヨネちゃんからもらった翡翠のペンダント用の枠も上記の研磨と平行して鋳造し、酸化工程まで終了。
来週以降は、この研磨がまってます。
また研磨かぁ (^_^;)


研磨剤や金属粉を大量にあびた手をごしごしと洗い、タクシー飛ばして同期の結婚式へ。

おめでとう、Nonちゃん&Junちゃん!

美男美女の結婚式は、ホント絵になります。
こういうモデルバリな方々を見れば見るほど、絶対自分は人前でドレスなんか着ねぇとココロに強く誓ってしまう。
ま、予定もなんもないから関係ないけどさ(笑)
ココロからお幸せにと願うばかりでごす。はい。

光り輝く結婚指輪を眺めながら、思ったコトバはただ一つ。

指輪欲しい・・・。 ← その前に旦那じゃねぇ?とか言わない(笑)

物欲大魔神、ここに健在。
by keko37 | 2006-07-29 23:09 | Works