keko37's Blog
keko37.exblog.jp
ブログトップ
<   2012年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧
キンモクセイの香る夜。
記憶すること。
昔からこの作業が苦手だったから、世界史や英語は大嫌い。
数式や理論を押さえておけば自分で導き出せる数学や化学の方が、多少なりとも愛着が沸いたのは当たり前の流れ。
ま、大学にもなると、数学も化学も記憶の域から抜け出せるのはほんの一握りの人だけだってことに気付くんだけどね(笑)

そんな記憶が苦手なオイラでも五感の記憶は人並みに発達していたようで、感触、温度、香り、音・・・日常生活内では完全に忘れていたとしても、瞬時に記憶の奥底から関連づけられた記憶を大量に引っ張りだせる。
正しくは、自ら引っ張り出すのではなく、オイラの意思に関係なく溢れ出てくるという方が正しいかも知れない。


先日電車を乗り換えようと新宿を歩いていたとき、ぼーっと携帯を眺めていたオイラの肩をポンポンとたたく人がいた。
??何だ?
携帯から視線をはずし、肩を叩いた主を見上げたら、そこには今まで一度も見たことがない男性が立っていた。
??何だ?
理由はわかんないけど、大丈夫?
??はぁ?
いや、キミ・・・涙。大丈夫?
へ?

気付いていなかったのはオイラの方で、携帯眺めながらぽろぽろ泣いていたらしい。
悲しい出来事があったわけではなく、たぶんさっきすれ違った誰とも分からない人の香りに触発され、オイラの体にすり込まれた昔の記憶がオイラの意識とは関係なく、過去の感情を引っ張り出してきてしまったらしかった。
無意識で泣いてるとか自分でわらける。
もういろんなこと忘れちゃってるのになぁ・・・。

大好きすぎて大嫌いになったあの香り。
最近同じじゃないけど同じ類いの香りがするシチュエーションに、いろんな記憶が揺さぶり出されているのかも知れない。
早くこの記憶をきれいスッキリ塗り替えたいのにねぇ。
そんなピンポイントだけ記憶力が発達してるとかやだやだ。

d0042851_343575.jpg
駅からの帰り道、突然ふわっと優しい香りに包まれた。
ふと見上げると、満開のキンモクセイがお帰りなさいとオイラをのぞき込んでいた。

キンモクセイの香りがいってらっしゃいと見送り、お帰りなさいと迎えてくれる毎日は、案外悪くない。
オイラの記憶にキンモクセイが追加されるのもそれほど遠い未来でもなさそうだ。

キンモクセイは「よい」記憶にひも付けられればいいなぁ・・・。
ささやかな願い。
[PR]
by keko37 | 2012-10-21 03:43 | つれづれ。
keko37の恩返し
2012/10/7 Sun.
ひょんなことで、なぜか機織り体験(いわゆるワークショップ)を受講させていただくことに。
2時間という時間制限の中、どれくらい織れるのか?
ちょっとしたタイムトライアルだね。

機織り自体は初体験なんだけど、なんとなくゴールに対してやるべきことはイメージできる。
編み物だったり、ビーズだったり、近いことは山のようにしているわけだし。
織り始める前にゴールイメージを思い描き、よっしゃいきますか!!

簡単な手順の説明を受け、いざスタート。
周りの皆さんは、教えられた通りに木とか土とかのネイチャーカラーから1色の糸を選び、ぎっこん・・・ばったん・・・とおそるおそる織り始じめていた。

オイラ、いきなり講師の方を捕まえて
「もっとポップな色の糸ありませんか?」→ ラメ糸や蛍光色の糸を出してもらう。
「複数本の糸をまとめて織ってもいいですか?」→ 2本取りの説明を受けたが、オイラの手は3本取り(笑)
「もこもこのヤツ織り交ぜてもいいですか?」→ ポップカラーの羊毛出してもらう。
よっしゃ、交渉成立(笑)
というわけで、他の生徒さんを横目にポップカラーの糸を3本取りにしてシャカシャカと織り始めた。

ベースカラーとして、イエロー、オレンジ、パープルをチョイス。
これに色事に彩度の高い色、低い色、ラメ糸を用意し、そこからさらに色の組み合わせを変えながら3本取りで織りはじめた。
糸の色換えはいきなり全然違う色に切り替えるのではなく、3本のうちの1本だけを変えていき、少しずつグラデーションをかけながら、ベースカラーを変化させていく。
幼い頃、ボタンホールの糸色合わせをゲームにして父と遊んでたのをふと思い出した。
こんな形で役に立つとは・・・、経験は宝とはよくいったものである。

ベース糸を織り進めたら、一定間隔でポップカラーの羊毛を織り込んでポコポコとした変化を付ける。
普通は1色だけを織り込むみたいなんだけど、羊毛も2色を混ぜ込んで好き放題(笑)
反対色を配置したり、似た色を重ねてみたり。。。
たっぷり羊毛入れた方がぽこぽこ感も増すしね。

d0042851_0152749.jpgd0042851_0151480.jpg
d0042851_016399.jpgd0042851_0154810.jpg

あんまりにもやりたい放題なオイラに影響されたのか、他の生徒さん達がポップな色を使い出したり、羊毛を織りこみはじめたり。。。
なんだ、やっぱみんなも色々チャレンジしたかったんじゃないかぁ~(笑)
創作は自由ですから。
自分のやりたいように作っちゃえばいいんですよね。

コツを掴むにつれどんどん早くなるワタクシ。
2時間黙々と織り進んだ結果、50cm~100cm程度の皆さんを大幅に引き離し、一人だけ自分の身長。
ま、幅が不揃いなのは初心者ってことで。
先生、誰よりも材料を使ってごめんなさい(笑)
今度織る機会があったら、ベースは黒一色にして羊毛のポップカラーを複数色入れてもこもこさせてやろ。

芸術の秋。
単調作業が苦じゃない方は、お試しあれ☆
案外楽しいよん♪
d0042851_0163432.jpg
[PR]
by keko37 | 2012-10-08 00:18 | Works