keko37's Blog
keko37.exblog.jp
ブログトップ
<   2006年 12月 ( 25 )   > この月の画像一覧
生首で始まり、イベリコ豚で終わる一日
2006/12/30 Sat. am10:00.
ミラーボールライジングから帰宅し、眠りについたのが am6:30 頃だったにも関わらず、母上に起こされ起床。
むごい・・・。(TロT)
お風呂に入り昼ご飯を頂いた後は、永遠に正月準備を手伝う事になりました。

餅を打ち、鏡餅を作る。
塩出しした数の子の皮を丁寧に剥き、味付けするためのお出汁をに漬ける。
※我が家の数の子は、たっぷりの鰹やイリコでとったお出汁に漬けておくのです。
タケノコを塩出しして、煮物を作る。
ブリをさばき、晩ご飯用のお刺身とブリのあら煮を作る。
晩ご飯用の粕汁を作る。

母上はこれ以外に色々と作ってましたが、オイラ担当分だけでも十分主婦じゃん(笑)

夜に弟②のぞうさんが帰省するというのいうので「 夜飲む用のビールを買ってきて 」と頼まれ、一人近所の自販機へ。
自販機には色々とビールの種類があり、どれがいいのか聞くのを忘れたオイラは、一応電話で母上に確認を取ることに・・・。

d0042851_123236.jpgなぁ、母さん、ビール何か欲しいのある??
なまくび 」でええよ、「 なまくび 」で。
(゚ロ゚;)エェッ!? 「 生首 」???


いくら笑いの大阪と言えども、自販機にはさすがに生首売ってませんよ、母上。
決してボケた訳ではなく、120%天然な母上は「 ぐびなま 」と伝えたかったらしい(爆)
「生首」は何味なんだ・・・? 屈辱味??(笑)


2006/12/30 Sat. pm7:40.
父上と一緒に車で新大阪駅へぞうさんをお出迎え。
大きな荷物を持った小さなぞうさんは、連日の忘年会続きでちょっとぷっくらしてました。

帰宅後、普段は横浜にいるオイラと博多にいるぞうさんが大阪で乾杯。
(もちろん飲んだのは「生首」(笑))
ひとしきり晩ご飯を堪能した後、ひよこさんがお風呂屋さんに行くというので、オイラとぞうさんも便乗。
結局、ご近所のお友達も含めた5人でスーパー銭湯に行くことになりました。


d0042851_12351825.jpg2006/12/30 Sat. pm11:30.
車で新御堂を北に上る事20分、箕面にあるスーパー銭湯「 水春 」へ到着。
銭湯といっても、ちゃんと天然温泉が出ており、いくつもの露天風呂といくつもの内湯があって、入館料がたったの700円!!
大阪の価格設定ってステキ♪

お風呂を十二分に堪能した後、座敷でマッサージ大会となりました。
理学療法士のトシキは、マッサージのプロ。
wonbatちゃんは、マッサージの達人。
この二人に同時に攻められたオイラとヒヨコさんは、悶絶、いや、悲鳴を上げてのたうち回る始末。
・・・恐るべし二人組(笑)

お風呂を出た後、併設されている巨大アトラクション施設「 Bb 」へ。
ココは時間制で、時間単位でお金を払えば、施設内全てのゲームやアトラクションがやり放題という面白い仕組み。
ゲーム機器がならぶかと思えば、ダーツ、ビリヤード、ボーリング、ロッククライミング、バッティング、卓球、エアガンによる撃ち合い、ロデオなんてモノまで揃っているという充実ぶり。
1時間もあれば十分堪能出来るだろうと思って中に入ったら、あれもやりたい、これもやりたいで、目がキラキラ。
深夜の遊びとしては、結構楽しむことが出来ました。


d0042851_12343843.jpg2006/12/31 Sun. am2:30.
面白いラーメンがメニューに加わったと聞き、帰りにラーメン屋「 げん家 」へ寄り道。
業界初の「 イベリコ豚をスープにもチャーシューにも使用 」したのというのが新メニューの売り。
さっそく頼んでみると、トロットロチャーシューが乗った豚骨ラーメンがド~~~ン。
イベリコ豚を使っているせいか、豚骨を煮込んだ脂の濃さよりももっとサラッとしてるんだけど、その脂は通常よりも甘みが強い。
火を掛けてしまってるので、イベリコ豚独特の木の実の香りは飛んじゃってるけど、始めの一口目は確かに美味い。
けど、個人的には二口目からはその脂の甘みがしつこいというか、もう少しサラッと頂きたいなぁというか。
ま、モノは試しで、一度行ってみて下さい。
ネタにはなります(笑)

2006/12/31 Sun. am3:30.
結局帰宅したらこんな時間。
そのまますぐに寝ればいいのに、三バカ兄弟が揃ったらすぐに寝るわけもなく(笑)
オイラは昨夜もあまり寝てない事もあり、am4:30 でダウン。
オイラももう歳だわ・・・。
[PR]
by keko37 | 2006-12-31 04:30 | つれづれ。
久しぶりに長い一日。
d0042851_14135393.jpg2006/12/29 Fri. am9:30.
眠い目を擦りながら母屋へ帰り、小さな毛布を取りあう黒猫 Mee & Moo と一緒になってホットカーペットの上で団子になっていたら、父上から台所へ来いと指令が飛んできた。

父上、せっせこと何やら作っている様子・・・。

d0042851_14145351.jpg訳も分からず手伝わされたのだが、どうやら「 鶏肉のスモークハム 」の仕上げ工程らしい事が判明。
大量の鶏肉を塩こしょうして一晩漬け込み、色々と細工した後、4時間ぐらい桜のチップで薫製すれば完成。
家庭用スモーク機なんてもんが売られているらしく、最近はスモークモノが父上のマイブームなんであろう事がよく分かる。

父上は、何かとこり始めると変な領域まで上りつめちゃう性分だからなぁ・・・。
職業が職人なだけに、こういう人が何かにハマルと手に負えないんですよ、これが。
(数々の経歴あり。それの被害(?)は、家族全員で受け止めてきましたが・・・。)

そんな職人堅気な気質を十二分に受け継いでしまったのが、三人兄弟のうち、長女のオイラと弟①のひよこさん(笑)
ま、どっちも知っている方は、これを読んでうんうん頭を縦に振っていらっしゃる事でしょう。
弟②のぞうさんは、オイラ達に比べたら普通すぎる・・・・と思ってましたが、よくよく考えたら、マウンテンバイクのレースにも耐久レースにも出場してたし、今は車でサーキット走りに行ってるとか言ってたよなぁ・・・。
って考えたら、多少の幅はあれど、やはりこの父上の遺伝子を三人とも十分受けついでるって事ですな。
笑えねぇ・・・。(^_^;)


2006/12/29 Fri. am12:00.
ひよこさんへのお使いが出来たので、DVDを手に一路難波ロケッツへ。
オイラが会場に着いた頃には、既に今晩のライブの為の準備が始まっていたらしく、スタッフも出演者も大忙し。
出演者の皆さんと軽く挨拶を交わしつつ、ひよこさんにDVDを手渡してからまたすぐに電車へ飛び乗った。


2006/12/29 Fri. pm2:00.
一瞬でワープ、京阪寝屋川駅に到着。
色々と有益な情報を教えてくださるフクフクさんと待ち合わせ、今回も色々と学習。
フクフクさんばりのパワーが出せるように、オイラも色々と考えねば。うむ。
1時間半という短い時間に、ギュゥ~~~~っと色んな事が盛り込まれたよい時間でした。
よっゃ、ちょっと金貯めよ(笑) ← 今頃か?


2006/12/29 Fri. pm4:30.
またまた心斎橋へ逆戻り。
pm7:00からの宴会までまだ時間があったので、心斎橋界隈にあるジュエリーショップを練り歩き、目の保養大会をする事に決定。
心斎橋には、オイラの好きなジュエラーが結構揃ってるんですよ。
もちろん、オイラに買えるような値段のモノなんて一つもないですけどね(^_^;)

まずは、御堂筋通り沿いにある「 Cartier(カルティエ) 」へ。
ココの Cartier は、その辺の百貨店なんかよりも品揃えも商品ランクもよく、日頃はなかなかお目にかかれないハイジュエリーにも出会えるのが魅力。
先日一目惚れした、ピンクゴールドのリングを出してもらい、指にはめて作りを確認。
欲しい気持ちを押し殺し、純粋にその技術に酔いしれました(笑)
もちろんせっかくの機会なので、2階のブース席に座り、何店か商品を見させていただきました。
やっぱ、ハイジュエリーにもなると作りが違いますな。
これぞカルティエ。まさにカルティエ。


今回初めて巡り会ったのが、「 GIANMARIA BUCCELLATI ( ジャンマリア・ブチェラッティ )」。
あることだけは知っていたんですが、日本ではあまり店舗がない事もあり、日本国民の 99% は知りません。
200年以上続く、イタリアの老舗中の老舗 GIANMARIA BUCCELLATI。
誰もが目を疑うような、素人目にもその凄さがわかる神の域と称される緻密さ、これが GIANMARIA BUCCELLATI の凄さ。
d0042851_14164273.jpg

この画像、リングです。指輪ですよ、指輪!!
一枚の金の板に髪の毛ぐらいの細い糸鋸を使い、何ヶ月もかかって作られるリング。
研磨するのは通常のルーターは、あまりにも細かすぎて使えないため、シルクの糸に研磨剤をすりこみ、糸で磨き上げていくという気の遠くなるような作業。
しかも GIANMARIA BUCCELLATI のリング多くは、ぐるりと一周全てに同じ細工が施されているため、もちろんサイズ直しなんか出来ません。
シルクで編み上げたレースのように繊細で、見えない裏側までもが美しい。
持ち主のためだけに作られた究極の一品。
もちろん、指にはめさせていただき堪能。(笑)
ため息しかでませんでした。

ちなみに、シンプルなタイプ(と言っても、もの凄く凝ってますが)なら1ヶ月、これぐら複雑なモノだと4ヶ月ぐらいで作っていただけるそうです。
値段?? それは、直接お店に見に行ってください(笑)


GIANMARIA BUCCELLATI の隣にあった「 FRED (フレッド)」へハシゴ。
FRED は、金属の持つボリューム感や曲線が好きな人には嬉しいかも。
ココで、なかなかお気に召したリングを見つけました。
一瞬買おうかなぁ・・・と思ったモノの、微妙に作れる範囲内だったので、デザインと作りをきっちり確かめて終了。
そのうち、ちょっくらオイラテイストをぶち込んで、オイラのためのリングにする予定(笑)
ジュエリー巡りは、買い物じゃありません、あくまでも勉強、勉強(爆)


ささ、やってきました、オイラの大本命 「 gimel (ギメル)」。
日本の GIANMARIA BUCCELLATI と言っても過言ではない技術力を持った gimel。
神戸の芦屋に工房を持つ gimel は、日本で世界に誇れる技術があるのに、これまた日本国民の 99% は知りません(笑)

gimel は全てがハンドメイドのため、一切量産していません。
直接フルオーダーするのが基本のため、まったく市場には出てきませんが、唯一一般人が商品を見れるのは大阪&名古屋の2店舗のみ。
市場に出るとすれば・・・博物館級の品々がそろう「 サザビーオークション(SOTHEBYS) 」、「 クリスティーズオークション(CHRISTIES)」等で、数百万~数億円って単位で見ることが出来るって訳です。
普通の人が婚約指輪に使うダイヤ一粒サイズで、桁違いにハイクオリティーのダイヤを集めて、パヴェセッティングしてしまう贅沢っぷり。

普通の人なら、これ一粒で婚約指輪作るんだよ???
その上こんなに質がよかったら、たった一粒でも給料3ヶ月分だよ???
指パンパンに石いれちゃって、このリング1個で何十人の人が婚約できると思ってんの???

指にはめさせいて頂き、あまりの美しさにうっとり・・・。
高校生の時に初めて gimel を見たときの感動。
あれから数百、数千という数のジュエリーを見て来ましたが、未だに gimel をはめた瞬間は、あの頃と同じキラキラとした気持ちに・・・。

ものがモノだけに一般顧客層を全く相手にしていなため、ホームページもなければ店舗もないから写真を検索しても出てこない。
石の美しさもさることながら、その技術力の凄さもホントみんなに見せてあげたい!!
これこそ日本人の繊細なココロと粋な遊びゴコロが融合した作品だと心底思う今日この頃。
下手に作り方知っちゃったからこそ、改めてその凄さをマジマジと実感。
死ぬまでに手に入れてやるぞ、gimel (笑)


gimel でメロメロ にされたので、気分転換にと心斎橋の三木楽器へ。
試走させてもらったりなんぞしながら、最新のエレクトーン事情を学ぶ。
エレクトーンもインターネット経由で音色が買える時代らしい。

d0042851_14304068.jpgそんなエレクトーンの隣のフロアにあった、中古の鍵盤楽器コーナーで、素敵な子を発見!!
可愛いぃぃぃぃぃ~♪
古いエレピアノで、鍵盤数もかなり少なめに仕上がってますが、鍵盤の感触とか音の柔らかさとか音色とかが、全部古くて懐かし感じがそのまま残ってたって感じ。
昔のアルバムを開いたらこんな音がするんだろうなぁ~みたいな。
21万円という価格も、さっき見てきたジュエリー達に比べたら子供みたいなもんだから、より一層可愛い(笑)
思わず衝動買いしそうになりましたが、あいにく我が家は三角座りを強制されてしまうほど狭いため、あえなく断念。

このころの鍵盤って、ホント可愛い。
これであびるさんが弾いたら、絶対カッコイイに決まってる。
あ、やっぱ辞め、こんな鍵盤で弾かれたら惚れるな、こりゃ(笑)


d0042851_14233567.jpg2006/12/29 Fri. pm7:00.
大慌てで、集合場所の居酒屋さんへ。
本日、高校の同窓会がひっそりと開催されました。
毎度合うメンバーとは違い、同級生で構成された mixi のコミュの皆さんがメンバー。
ま、ゆうなればオフ会??(笑)

高校時代に同じクラスだった人、同じクラブだった人、中学の塾が一緒だった人、なんてつながりもあれば、高校時代に顔を見たかも知れない・・・ぐらいの記憶しかない方もいらっしゃったり。
それも新たな出会い、ま、これをきっかけに新たな人間関係が築ければいいかなぁ~なんて、ゆるい宴会を堪能。

ホントはもっともっとみんなと仲良くなりたかったんだけど、オイラにはメインイベントが残ってるため1次会でバイバイ。
みんなと別れたオイラは、夜の街へと消えていくのでした・・・。


2006/12/29 Fri. pm11:00.
既に会場は大盛り上がり!!
遅ればせながらミラーボールのペンダントを首からぶら下げ、「 ミラーボールライジング vol.3 ~ ドイツ祭 ~ 」 で熱いホールへ!!

今日も沢山のバンドが出演。
バンド転換の間は 3人のDJが乱れ合い、なんとも面白く、そして心地よい選曲をガンガンに楽しませてくれます。
その上、各バンドが始まる前には、バンド紹介も兼ねてのCMが流れるという力の入れよう!!

このCMが面白いのよ(笑)
ちゃんと撮影して、編集して、曲とナレーション入れて、次のCMにも、次のバンドにも話がつながっていくって仕組み。
このCMもミラーボールライジングの名物になりつつあるのかも知れません。
※CMを通しで見ると、かなりのたうち回れます(笑)

d0042851_14344481.jpg日付も替わった am1:00。
やっとこさオオトリである、ジョン・松平とニューアマゾンの登場!!!

会場の一番後ろから、お客さんで出来た花道を拍子木をカンカンと叩きながら入場するニューアマゾン。
舞台へ上り、仁王立ちで腕を組む彼等のセンターにジョン・松平が現れると、会場の熱気は一気に大爆発!!!
今日も始まりますよ、ジョン・松平とニューアマゾンの熱いステージが!!!!

d0042851_143496.jpg吠えるトロンボーン。
染みるトランペット。
響くベース。
かき鳴らすギター。
切れのいいドラム
熱い魂を叫ぶ、ジョン様。
そして、踊り狂う観客。

もちろんオイラもボックス踏むは、飛び跳ねるは、前列押さえてダンシング!!
普段のオイラしか知らない人は、想像だにできないでしょうね、きっと(笑)

今日も大好きなチャン・アダム氏のドラムに、また惚れました。
彼が刻むサンバやラテンのリズムに、魂が揺さぶられるとですよ!!
リムを打つ音や、バラードで入れるロールのきめ細かさに、思わず頬が赤らむとですよ!!

ステージが終わって出てきたアダム氏と全力で抱擁(笑) ← 全力って所が本気(笑)
いやぁ~、アダム氏まじ良かった、よかリズムにはホントココロを動かされるばい。 ← いつから九州ッコ??


これで終わりではありません、このステージが終わってからがホントの「ドイツ祭」。
レーベンブロイ(ドイツビール)を片手に [ ドイツ祭式礼儀作法 ] に則って、乾杯の踊りを踊り狂うのです。

①二人がペアーとなり向かいあう。
②右手にビールを持ち、高々と上げる。
③お互いの右手を交差させ、交差させた状態で・・・ビールを飲む、飲む、飲む。
④その喜びを全身で表すため、手を交差させた状態でクルクルクルクル回る。
⑤またビールを持った右手を高々と上げて手を離し、深くお辞儀して次の人へ。

これを繰り返しながら、会場中のみんなとグルグルグルグル、ゴクゴクゴクゴクと踊り狂うって訳(笑)
これが楽しいのなんのって!!
最後の方は、なぜか4~5人が円陣を組むように腕を交差させ、メリーゴーランドばりにぐるんぐるん回ってました(笑)

あ、もちろん、ビールに合わせてウィンナーも食べ放題。
ウィンナー片手にレーベンブロイ持ってク~ルクル。
まさに、ドイツ祭!! ← ドイツの方、ごめんなさい(笑)


ドイツ祭の後は、始発までのDJタイム。
懐かしのアニメソングや昭和歌謡が目白押しっていう何とも素敵な選曲に、始発待ちのお客はさらにダンシング。
オイラもどこかのバンドの男の子と、手を取りあって踊ってましたわ。
もう、訳分かりません(笑)

日が昇り、周りが明るくなり出した頃に帰宅。
ふぅぅぅ~~~、長い一日だった・・・。

p.s. 真面目に読んでくれた方、よく頑張ってくださいました、ありがとです m(_ _)m。
   本人はもっと一日長かったのよー。
[PR]
by keko37 | 2006-12-30 14:53 | Music
神聖な気持ちになって髪を切る。
d0042851_22532625.jpg2006/12/28 Thu. am8:00.
せっかくの休みだというのに、大阪にいると休めない。
深夜に大阪に到着したなんてことはお構いなく、カルは襲いかかってくる。
化粧水を顔に塗るよりもビチャビチャになるくらい、顔面を舐めまわされてしまった。
ま、風呂入るからいいけどさ、寝込みはやめろよ、寝込みは!

そんな願いなんぞバカ犬に通じる訳もなく、本人は大あくびしてゆったりモード。
このやろう・・・。


年末ということ、それから毎月28日は、お不動さんの法要の日ということもあり、母上と一緒に八幡のお不動さんへ向かう。
昨日までは暖かかったのに、今日になって急に冷え込んできた。
大阪市内でも痛いような寒さなのに、京都に足を踏み入れたらさらに寒く、そしてお山に登ったら、さらにさらに凍え死にそうな寒さ。
ダウンを着てるのに、小刻みに歯が震えるといえばご理解いただけるでしょうか?

d0042851_22545396.jpg秋に来たときは綺麗な紅葉に彩られたお堂周辺は、風が吹く度にカラカラと枯葉が舞う。
澄み切った青空、白い雲、寒さを強調するような木々のシルエット。
ココは下界よりも一足お先に冬が来ていたらしい。

本堂の方では方丈さんとお弟子のお坊さんが太鼓と鐘をならし、一斉にお経を唱えて不動尊の御法要が始まった。

谷不動の御法要は、本堂のお不動さんと野外のお不動さんと、2箇所の祭壇で同時に執り行われる。
野外にもあるお不動さんの前に用意された祭壇では、本堂での鐘の音を合図に山伏達がほら貝を吹き鳴らし、祭壇の蝋燭に火をともした。

d0042851_22592512.jpg山伏達は九字を切り、お経を唱えながら護摩木や古い御札等を祭壇の炎の中へ投げこむ。
その度に、祭壇の炎は天高く燃え上がる。
まるで炎の龍が天に昇っていくみたいに・・・。

本堂では、お経の教本を持った方丈さんが参列者一人一人を回り、お経を唱えながら教本を使って両肩についた厄を払っくださる。
※座禅の時に肩を叩かれるのをイメージしてもらえば分かりやすいかも。

野外では、参列者が一人一人お不動さんの前に進み、お不動さんにお祈りをする。
両手を合わせてお祈りをする間、山伏さんがその背中に九字を切り、お払いをしてくれるのだ。

いつもは本堂に上がるんだけど、今日は炎の龍が見たかったので野外。
そして、オイラも背中に九字を切ってもらった。
来年本厄だし(笑)


本堂から聞こえるお経の声。
背中で九字を切る時に鳴るシャンシャンという鐘の音。
目の前の祭壇でパチパチと燃える護摩木。

全てが炎に包まれ、全てが消化されていく様は、宗教と言う枠を越え、なんとも表現しがたい空気感があるような気がするのだ。


京阪電車に乗って大阪へ。
一息ついたら、今度は歩いて毎度の美容院へ向かった。
前回から1ヶ月しか経ってないのに、普通の人の3ヶ月分くらいはバッサバッサと切り刻まれた(笑)

そうそう、面白い話を聞いたんですよ。
男女共に、耳から下側が「男性ホルモン」が支配する領域、そして耳から上側が「女性ホルモン」が支配する領域らしい。

だから・・・

 ・男性ホルモンが強い
   → 髭、体毛が多い。
     体臭や加齢臭がキツイ。(脂性)
     耳から上側で女性ホルモンが少ないため、頭のてっぺんがハゲる。
  
 ・女性ホルモンが強い
   → 髪が多い(ハゲにくい)。
     髭や体毛が少ない。 
     肌が艶々になる。

ハゲは強い(何がって聞くな)ってよく言いますが、逆を返せば、髭が薄い人って弱いって事か?(笑)
ま、弱いって言葉には当てはまらないにしても、確かに 「 ギラギラした雄 」って感じはしないよなぁ・・・。
※髭の薄い数名を思い出し中(笑)

女性でも、男性ホルモンが多い人は、頭のてっぺん当たりが薄くなったり、髭は生えないけど、体毛が濃いかったりするらしいです。はい。
で、オイラは、女性ホルモンがかなり多いそうです。
おかげで、髪がふさふさ越えて、ボファボファですから(笑)

その割には、女らしさがかなり欠落してるんだよなぁ・・・。
ホントに出てんのか?女性ホルモン??
むむむむ・・・・。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

■ 告知 ■

明日、12/29 は、ミラーボールライジングっす!!!
みんな、大阪難波の ロケッツ へ集え!!
面白いライブ&パフォーマンスが目白押しですよ。

もち、オイラは行きます。
だって、ジョン・松平とニューアマゾンが出るんだもん♪

皆様、大阪でお待ちしています m(_ _)m

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
[PR]
by keko37 | 2006-12-28 23:37 | つれづれ。
「 幸せになるシール 」 と共に大阪へ。
2006/12/27 Wed. pm8:32.
仕事納めという言葉を理由にコンパイルを投げ捨て、飛び込め新幹線。
待ってろよ、大阪!!

暇つぶしに新幹線の中でカチャカチャとコレを書いてるんですが、最近のモバイル通信用PHSってすごいね。
実は、つい最近PHSカードが 64K → 128K に格上げされて喜んでたんですが、新幹線の中でも意外に使える事が今判明。
100Km/h以上でぶっ飛ばしてる「のぞみ」ででも使えるとは!!
ありがたやぁ~、ありがたやぁ~。


d0042851_2151793.jpgそうそう。
ボボがオイラに「 幸せになるシール 」 をくれました。

ま、くれたもなにも、2年前・・・。
ボボの誕生日祝いにオイラがボボへプレゼントしたシールなんですが、このシールを携帯に貼ったボボは、その後すぐに彼女ができ、今では結婚という素晴らしいゴールまでをも決めてしまいまったのです。
そんな流れもあり、このシールは、我らが同期の間では、「 幸せになるシール 」なんて名前が付くことになったのです。

で、そのシールですが・・・。
上げた張本人(オイラ)に一向に春が来ないのを、心優しいボボはあまりにも可愛そうに思ったらしく、さっきボボが残っていたシールを丸ごとくれました。

シール出戻り(笑)

ささ、出戻りしたシールは、オイラにさらなる幸せをもたらしてくれるのでしょうか?
出戻りでも「 幸せになる 」というフレーズは続くのか?
とりあえず、ボボと同じく、携帯にぺたり(笑)

紺色のメタルボディーに黄金の「 壽 」。
ありがたやぁ~、ありがたぁ~。
[PR]
by keko37 | 2006-12-27 21:55 | つれづれ。
ボトルキープは特選:森伊蔵
2006/12/26 Tue. pm 6:30.
お互い忙しくて、1ヶ月以上ぶりの再会。
久しぶりの再会という事もあり、お互いの近況報告で幕を開けた。

今日は山手にある串焼き屋「 」 へ車でビュ~~~ン。
今日も美味しい串をぺろり。

d0042851_0445670.jpg始めの一杯は生ビールをいただきましたが、2杯目はボトルを入れていた「 特選:森伊蔵(写真右) 」を引っ張り出してもらいました。
普通の森伊蔵(一年物)は、一升瓶の茶色いボトル。
オイラが飲んでるのは、特選:森伊蔵(三年物)は、緑の750mlボトル。
ただでさえ手に入らない森伊蔵なのに、その上三年物の緑ボトルはもっと手に入らない。
これがキープボトルとして入れられるって、ありがたいねぇ~。


そんな緑ボトルを飲んでいたら、店長が奥からオモシロイものを出してきてくれた。

森伊蔵:10年物プレミアムボトル

幻と言われている10年物プレミアムボトル(写真中央)は、赤色の特別ボトル。
そして、このボトルは黒塗りの木箱(写真左)に丁寧に治められていた。
限定生産品:定価で購入できたとしても38000円。
入手が超困難って事を考えると、実際の市場価格はいくらになるんでしょうね?

ま、飲めずに拝んできただけなんですが、それでも実物を見れる機会があっただけでもありがたい。
森伊蔵10年モノプレミアムボトルを眺めながら、3年モノの特選:森伊蔵をクピクピ。
なんとも贅沢な宴会となりました。


d0042851_0463479.jpg帰り道、山下公園前にある横浜のシンボル「 マリンタワー 」の前を通過。
オイラ知らなかったんですが、2006/12/25 が最終営業日で閉館となったらしい。
灯台としてはまだ使われてるんで、綺麗にライトアップされているのに、なんかもったいないねぇ。
2年後とかには改装して、また一般公開されるらしいけど・・・。

豪雨の中、フロントガラス越しに輝くマリンタワー。
思いの外雰囲気のある色っぽい写真となりました。
横浜に住んで8年になるのに、結局一度たりともマリンタワーに上る機会がなかったなぁ~。
もうちょっと早く閉館日を知ってたら、上りにいったのに。
あ、氷川丸も閉館になるそうです。

横浜のシンボルが減っていくのは、なんだか寂しいね。


p.s. 27夜から大阪入り。うふ♪
[PR]
by keko37 | 2006-12-26 23:37 | つれづれ。
のだめカンタービレ終わっちゃった (TロT)
2006/12/25 Mon. pm9:00.
この最終回を見るために、仕事切り上げてダッシュで帰宅。

のだめカンタービレ

もともと漫画の関係者の方とちょっとした縁があって、コミックを読み始めたんですが、多少ですが音楽を囓ってるのが功を奏してか、かなりグッとくるもんがありました。
そんな漫画がドラマ化。
そしたら、ドラマの音楽関係者の方とちょっとした縁ができ、もうこのドラマを見るしかない!! って感じに(笑)
そんなこんなで第1話から毎週録画して見てきましたが、最後くらいはオンタイムに見なきゃでしょ。


のだめを迎えにわざわざ九州まで行き、偶然にも出会ったシーンには、思わずうるる。
紫からオレンジに変わる一面の夕焼けをバックに、あんなオットコマエの千秋(玉木 宏)の登場はずるすぎる!!!
いいなぁ~~~~のだめ(爆)

最後のサントリーホールでのコンサートのシーンで、涙目で指揮棒をふる千秋。
額に浮かぶ汗、溢れでる涙、やりきった充実感が溢れるその表情に、思わずオイラの目からも涙がこぼれる。


薄暗い客席。かすかに見える人影。
スポットライトで目がかすみ、うっすらと目を細める。
ホール内を乱反射して、前からも後ろからも聞こえる割れんばかりの拍手喝采。
深々とお辞儀し、足下から客席に視線を移した瞬間、目の前にパッと広がる景色。
その瞬間に緊張の糸が切れ、苦しみか喜びか悲しみかも分からない、でも熱くて大きな感情があふれ出し、泣いてるのかも笑ってるのかも分からない顔になる。
でも、次の瞬間、もう一回!!! てココロが叫ぶのだ。


そう、あの頃のあの感覚・・・。
ドラマの中の舞台から客席を写した光景が、過去の記憶と重なる。

一人で挑んだ発表会。
一人で挑んだコンクール。

みんなで挑んだコンサート。
みんなで挑んだコンクール。

今のオイラには見る側の席しかないけれど、だからこそ舞台に上る人には、ただそれだけでもう十二分に尊敬に値するのだ。
オイラ頬をつたう涙は、ドラマを通してあの頃の自分を見ているのかも知れない。

d0042851_0145938.jpg涙をぬぐいながらあの頃よく弾いた譜面を引っ張り出し、なんとなく弾いてみる。
のだめのようなテクニックもセンスも表現力もないけれど、あの頃と今をつなぐ柔らかい音。
そう、これからもずっと・・・。

早くDVD出ないかなぁ~。

ちなみに。
千秋(玉木 宏)はずるいぐらいカッコイイ役でしたが、なにげに黒木くん(福士 誠治)のいぶし銀なオーボエを操る演技にやられました(笑)
ま、どうでもいい話ですね(^_^;)
[PR]
by keko37 | 2006-12-25 23:37 | つれづれ。
「 赤鼻のトナカイ 」 斉唱
d0042851_13123978.jpgクリスマスイブ。
競馬中継でディープインパクトの出走を見守る。
ギャンブル好きでも競馬好きでも馬好きでもないけれど、後方三番手から一気にぶっちぎって一位になるというあまりにもカッコイイ走りに、思わず涙。

全力疾走する動き、たなびく鬣。
わき上がる歓声、拍手の嵐。

想像出来ないぐらいの努力の積み重ねが、最後の最後で大輪の花を咲かす。
馬だって、人だってそうなのだ。
努力無くして何も起こらないって事を、競馬中継を見ていて改めて思う、クリスマスイブ。
いいのか??(笑)

ディープインパクト大勝利のリプレイ映像が流れ始めた頃、携帯が鳴り、集合時間と場所が告げられた。

  【 第3回:リームへっぽこ+α、なぜかみんなでクリスマスイブ大会 】

気がつけば、チームへっぽこでクリスマスイブを過ごすのもコレで3年目。
あっという間というか、相も変わらずというか・・・。

横浜駅前のクリスマスイブイルミネーション周りに群れるカップルを散弾銃でぶっ放してやりたい気持ちを、全て食欲に変えてのクリスマスイブ大会となりました。
※友達への速達&クリスマスプレゼントの買い込みのため、集合前に横浜駅界隈を高速移動してるヤツを発見した方、それオイラです(笑)


d0042851_13131374.jpg2006/12/24 Sun. pm5:00.
本日の会場: おやこ
韓国人のオモニによる韓国料理を頂けるお店で、裏メニューとも言える「金鍋」が美味い店。
ちょいちょいチームへっぽこのイベントに使われるお店でもあります。

美しい黄金色に輝く金鍋の周囲に、秘伝のお出しとスープをたっぷりと注ぎ、そのスープには白菜キムチを敷き詰める。
この状態で鍋に火を付け、鍋の中央でお肉(豚肉が最高)を焼くわけです。
お肉の脂がスープにしたたり落ち、油の甘みとキムチの辛みが相まって、極上のスープが完成。
このスープを頂くために、肉やいてるって感じだもんなぁ・・・。
スープをスプーンですくい、みんな飲む飲む(笑)
そのスープをたっぷり吸ってトロトロになったキムチ、ニンニク、タマネギなんかをご飯の上にトロッと掛けてパクリ!
うぅ~~~~ん、至福。

今日も美味かったっす、金鍋!!!


そんな我らの隣の席に、某芸能人が来店。
プライベートだったのであまり触れなかったですが、向こうがノリノリだったようで、ギターかき鳴らして歌い出すというへんな宴会へ発展。
某芸能人の方が歌っているのを利用して、上限500円のクリスマスプレゼント交換会を開始(笑)
曲が止まってオイラの手元にやってきたのは、『 たこわさ + トナカイのキャンドル 』という詰め合わせセット。
クリスマスイブに「 たこわさ 」。
あまりのナイスチョイスに惚れました(笑)


満腹にも関わらず、そのまま近所のバーへ移動。
食べた金額以上に全員で飲んだくれ。

d0042851_13141643.jpgべろんべろん仕上がり、一滴も飲んでいないドライバーに送ってもらおうと車に乗り込んだとたん、「 クリスマスなのにケーキ食べてない!! 」というもっともな意見が?!
そりゃやっぱり、ホールケーキ買わなきゃでしょ! って事で、セブンイレブンでホールケーキが売っていたという記憶を辿り、フルーツたっぷりのホールケーキをゲット。
そのままへっぽこレッド宅で、クリスマスパーティーが再開されました。

ロウソクの灯ったホールケーキの周りで、[ 赤鼻のトナカイ ] を歌うチームへっぽこ+α。

平均年齢30歳、こんなクリスマスイブも悪くない。
[PR]
by keko37 | 2006-12-24 23:37 | つれづれ。
生肉友の会、六本木を攻める。
2006/12/23 Sat. pm5:45.
六本木駅周辺で待ち合わせ、目的のお店へ向かう。
予告通り、本日は「 生肉友の会 忘年会 」なのですよ(笑)

生肉友の会
   生肉をこよなく愛する人の集まり。
   合い言葉は「 焼きよりも生!」。

本日は、そんな生肉友の会に所属する女四人による忘年会。
もちろん、食べるのは生肉(笑)
ウソだと思ってるでしょ? マジです(笑)

d0042851_2175623.jpg本日のお店は、六本木にの大通り沿いにある 「 五臓六腑 EN 」 。
九州に本店を構える和風ホルモン店で、色々なお肉をお刺身で頂けるのが魅力。
もちろん、もつ鍋なんてのもあります。

着席するなり注文した、五臓六腑の刺盛り。
馬の胸肉、馬の肩肉、馬のバラ肉、馬の血管(大動脈とかの太い血管)、白センマイ、牛レバーなんてのが丁寧に盛られてやってきた。
どれを食べても美味い!!
臭みなんて全然無く、肉と脂身のふんわりとした甘みが舌の上でとろける感覚。
コレは生じゃないと楽しめないんですよ!!

d0042851_2182826.jpg結構生肉は色々と食べて来たけど、今日初めて食べて美味しいなぁ~と思ったのが、馬の血管(大動脈とかの太い血管)、馬のレバ刺し、それと赤福(牛の肺)。
馬の血管は、予想しているよりもシャキシャキとした歯ごたえがある。
イメージ的には、エリンギを食べてるような感じ?

馬のレバ刺しは、牛のレバ刺しのようなとろける感はもちろん、それに加えてちょっとコリッとした歯ごたえもあって、これが最高に美味い!
やっぱ、レバは刺身に限ります。うむ。


d0042851_2213662.jpgで、イメージと全然違ったのが赤福(牛の肺)。
理科で習った人間の肺の構造は、肺という空気の入った空間にブドウのような肺胞がいっぱいひしめき合ってるようなイメージなんだけど、どうも牛は同じ・・・って感じがしない。
この赤福は、他のどんなお肉よりも赤く、赤く染まっている。
空気が入っているような感じもなく、肺胞があるという感じもしない。
この真っ赤に染まった赤福を軽く炭火であぶっていただく。
これがまたまったりとしたこくが有り、レバともまた違い、美味いのだ。


d0042851_2211736.jpg食の好みが合う人との食事は、こんなの美味く楽しいもんなんだなぁ~なんて思いながら、久しぶりにまた日本酒を解禁してしまいました(笑)
この女性陣、また飲むんです、みんな(笑)
オイラなんか全然足下にも及ばないくらい、クピクピと日本酒を空けていきます。
これぐらい飲めたら楽しいだろうなぁ~。

台湾式乾杯(一気飲みして、おちょこの底を見せあいっこする)を繰り返し、刺しつ刺されつの女四人。
それ以外にも、丸腸を焼き、地鶏を焼き、野菜まで焼いて日本酒をクピクピ。

ちなみに、写真は2件目に行ったお店で出してもらった食前酒。
クリスマス特別グラスらしく、お酒を注ぐとその形がハート型にみえるという工夫が凝らされた一品。
このグラス、ちょっと欲しい・・・。← いつ使うの?


女同士だからこそ、出来る話もある。
女同士だからこそ、盛り上がる話もある。
来年は、この四人で色んな事が起こりそうだ。
[PR]
by keko37 | 2006-12-23 23:37 | つれづれ。
神様は、ちゃんと見てるんです・・・かね?
2006/12/23 Sat. am11:40.
3ヶ月ぶりに目覚ましを掛けずに眠り、自分の好きな時間に目が覚めた。
土日は色々と予定が詰まっていて、平日よりも早起きする日々が続いてたからなぁ・・・。
好きなだけ寝るって、こんなにゆったりした気持ちになるんだったっけ??
「休む」って感覚を忘れてた、オイラ・・・。

まだ温かいベッドの中でゴロゴロと寝返りを打っていると、けたたましいチャイムの音が家中に鳴り響いた。
ベッドから出たくない気持ちを振り払い、玄関の扉を開けると佐川急便のお兄さんが小さな小包を小脇に抱えて立っていた。

d0042851_13391134.jpg佐川のお兄さんによって届けられた品。

  『 iPod nano 2GB black 』

オイラの知らない間に、どこかのWebサイトの景品に当たっていたらしい(笑)
独り身で寂しいであろうオイラを気遣い、神様がプレゼントして下さったらしい。

ありがとうお不動さん。
ありがとう神様仏様。
ありがとうみんな。

\(o ̄∇ ̄o)/ わーい。

スタジオでのレッスンを毎回録音している iPod 15GB のシロちゃん(実は、コレももらい物(笑))と、新しい iPod nano 2GB のクロちゃん。
これからは、この親子(兄弟?)がオイラの音楽生活を楽しませてくれることでしょう。

ささ、充電が完了したクロちゃんもって、生肉友の会忘年会に出かけますか。
行ってきまぁ~す。
[PR]
by keko37 | 2006-12-23 13:49 | つれづれ。
20個連想してみてください。
d0042851_2254965.jpg2006/12/21 Thu.
都内某所にあるキレイなクリスマスツリーの近くのお店で、神戸からの刺客(敵?)とのささやかな忘年会。
ま、忘年会というよりは、報告会が正解。
お互い頑張ろうという所で、話は落ち着いた(笑)

そんな刺客との会話で盛り上がったのが、今日オイラの会社の先輩から回ってきたメールの内容について。
その内容というのが、下記の心理テストなのである。


ささ、そこのあなたもやってみてください。
オイラの答えを見ずに、あなたの考えを紙に書き出してみてください。
ま、PCでカチャカチャメモってくれてもいいですけどね(笑)

で、これが質問。

---------------------------------------
★ 心理テスト ★
---------------------------------------
①1~20の数字を紙に書いてください
②1に「 窓 」と書いてください
③2に「 窓 」から連想するものを書いてください
④3に2に書いたものから連想するものを書いてください
⑤これを20まで続けてください

直感で書くこと!
決して悩まないでください(笑)
---------------------------------------
  。
  。
  。
  。
  。
  。
  。
  。
  。
  。

ふぅ~ん、1~20まで連想を続けていけばいいのね。
どれどれ、やってみっか。

  1: 窓
  2: 木洩れ日
  3: 穏やかな土曜日の朝
  4: ふかふかの布団
  5: 柔らかい温度
  6: Eli Goulart E Banda Do Mato
  7: Sunny
  8: ギター
  9: 一緒
  10: 山弦
  11: 新たな輪
  12: yoko-chin-band
  13: 新たな出会い
  14: のだめカンタービレ
  15: 真剣に向き合う楽しさ
  16: ピンク色
  17: next mushroom promotion
  18: K18の左手ピンキーリング
  19: 幸せ
  20: 夢は叶うもの

何も考えずに直感で書くと、オイラはこんな結果に。
たぶん、オイラ以外の人がこれを読んでも、何が何だか全然わからんだろうなぁ・・・。

こないだ突然始まった、オーラ占いで言われた言葉をふと思い出した。

で、その精神レベルのもう一段上に上る為の修行をするのが、現世のkeko37ちゃんに課せられた課題って訳ね。
だから音楽を続けてる。音楽好きでしょ?
音楽には、精神をサラサラとしたもう一段上の世界へと浄化する作用があるのよ。
だから、どんな形であったとしても、音楽を続けてる。
本人が気付いて無くても、ちゃんと現世で課せられたモノに向かって修行してるの、keko37ちゃんは。


そういえば、6、7、8、9、10、11、12、14、17 は音楽関係だもんな。
オイラの全然気付かないところで、思考がそうなってるって事か。


で、後から送られてきた回答ですが・・・

---------------------------------------
★ 回答 ★
---------------------------------------
今、自分が潜在的に気にしていることを心理テストしました。
16以降の5個が、あなたの欲求していることがあらわれています。
また連想する過程で、その人の性格、生活習慣や環境も垣間見れちゃう。
---------------------------------------

・・・16~20 ?? オイラの欲求??

16:そういえば、ピンク色が気になって、ピンクトルマリンを使ったリングを作った。

17:色々と縁あって next mushroom promotion と出会い、最近クラッシックをまた聴くようになった。
  昔は吐くほど聴いて、吐くほどスコア読んで、もう見たくないってなってたのにね(笑)
  来年のコンサートに行くのが今から楽しみで仕方がない♪

18:ここのところ、K18の左手ピンキーリングが欲しくて仕方がない。
  こないだお散歩した時に、偶然見つけたカルティエのリングとか萌え(笑)

19:幸せ、これはなりたいなぁ・・・。

20:龍山さんに作っていただいた器に書いたオイラの言葉
  そう、叶う、ゆっくりだけど、ちゃんと少しずつ叶うのだ。


ちゃんと全部つながってるのか。
「全ては、偶然ではなく必然」とはよく言ったもんだ(笑)

1~15があってこその、16~20。
ココに書かれていない全てのモノがあってこその、今のオイラ。

何もかもが紬合って、何もかもがつながっていくのだ。

皆さんのブログのネタに、是非どうぞ(笑)
ココロを無にして何も考えずにやると、知らない自分を発見できるかも知れませんよ。


p.s. 本体のリンクページを整理整頓&新規追加しました。
[PR]
by keko37 | 2006-12-21 23:37 | つれづれ。