keko37's Blog
keko37.exblog.jp
ブログトップ
2006年 11月 25日 ( 1 )
運命による大きな幸せ、偶然による小さな幸せ
年初、大学時代のバイト先のキュートな後輩が、オイラを結婚式に招待してくれると言うのだ。
最終的には、同じ日に彼女(神戸)、大学の同級生(京都)、そして会社の後輩(横浜)という3組からお誘いを頂きました。
体が3つあれば、全部同時に出席できたのに!!
しかしここは公平に、一番早くご連絡頂いていた彼女の結婚式に出席する事に。


2006/11/25 Sat.
神戸市内にある超有名ホテルに併設されているチャペルでの結婚式。
真っ白なウェディングドレスを身にまとい、バージンロードを静々と歩く様は、ほんとに輝かしい。
色々と苦難を乗り越えてきた末のゴール、そして新たな人生のスタートに、オメデトウという言葉以外オイラには思いつかなかった。
本当にオメデトウ、末永くお幸せに!!

d0042851_1435039.jpgd0042851_1433986.jpgd0042851_1433021.jpg

披露宴に参列したメンバーは、懐かしい顔ぶればかり。
3テーブルが全て知合い、そしていろんな意味での関係者とくれば、2次会が面白くないわけがないでしょう(笑)
彼女達の意向もあって、2次会はそんな3テーブル+なつかしの関係者による同窓会に近い宴会となってました。

時が過ぎるのは早いもんで、バイトをやめてから8年という月日が経っているにも関わらず、オイラを呼ぶ声は誰もが「 keko37先生 」って言うのが面白い。
一瞬にして長い年月を飛び越え、あの頃に戻る。
オイラだけでなく、その場の全員がそうだったんだろうねぇ。

d0042851_1443174.jpgそんな2次会の席で、後輩の男の子が小指にしていた指輪を使って、オイラの指にはめる擬似結婚式なんてのをして遊んでたんですが、そのリングをしたままオイラ帰路についてしまっていたのです!!
みんなと別れて電車に乗ってから気が付いたんですよ、ホントに!!
で、彼曰く「 俺の幸せ付きで、keko37にくれてやる! 」だってさ。
ははははは、指輪もらった・・・っていうか、巻き上げちゃった(^^;)

彼の左小指にしていたリングはオイラの指には大きいらしく、結局左手なら中指or人差し指、右手なら薬指に収まるサイズであることが判明。
偶然の産物とは言え、大切にしますわ、ありがとぉぉぉぉ~~~!!

こういうことでしか、指輪なんて人からもらえないオイラ。
左手の薬指にピッタリのリングが頂ける日なんて、来るのでしょうか?

・・・待ってるより作ったほうが早いな、こりゃ・・・(TOT)
人生って厳しいねぇ。
[PR]
by keko37 | 2006-11-25 23:37 | つれづれ。