keko37's Blog
keko37.exblog.jp
ブログトップ
二つの1ヶ月後は?
■1個目: 術後1ヶ月。
2012/8/1に手術をし、2012/8/5に退院したので今日でちょうど1ヶ月。
同じ期間で手術した同部屋の方々は薬もなく術後経過もOKらしいんだけど、オイラは術後経過が悪いらしく(血液検査結果が伸び悩み)、投薬治療を行うことになった。

それというもの・・・
乳頭癌は進度が遅いし、超音波、CT、MRIなんかで見ている限りでは転移してないから大丈夫と言われていたんだけど、転移の可能性があるので念のために・・・と摘出した右側の甲状腺+リンパ節。
術後に甲状腺とリンパ節を病理検査(細胞検査)してもらったら、リンパ節に癌の転移が発見されたらしい。
取っといてよかった!

・・・けど、逆をいうと、リンパへの転移は全身へ転移しちゃう可能性も秘めてる。
ってことで、普通の人よりも再発する可能性大!! になりました(笑)
ま、1ヶ月ぐらいで再発するとかはないみたいなんですけどね。
副甲状腺の働きもよくないので、ちゃんとチラーゼも毎日飲んでます、はい。
オイラがんばるよ☆


■2個目: CHIRYUが来て1ヶ月。
CHIRYUを2012/8/6にお迎えしたので、もう1ヶ月。

その後はというと、オイラが飼い主だということ、HARUという先輩鳥がいるということ、我が家の部屋の仕組みがどうなっているかということ、などなども理解した模様。

HARUと違って、どんくさいCHIRYUの移動は 「 歩く 」。
オイラが隣の部屋に行ったら、まずは「おいてかないで~~~連れてって~~~~!」と泣き叫び、放っていかれたことを理解したら、グエグエ鳴きながら歩いて探してやんの。

いつもはHARUの圧勝なんだけど、CHIRYUが勝てるシチュエーションが1個だけありまして。
部屋の扉を5cmだけ開けておくんです。
そうすると、空軍のHARUは5cmの隙間じゃ飛び込めないから、ずっとホバリングして入れてアピールをするものの、入ることはできない。
空中で悪戦苦闘しているHARUを横目に、5cmの隙間を歩いて入ってくる陸軍のCHIRYU。
両方とも賢いのかバカなのか微妙(笑)

d0042851_10124839.jpg

そんな二匹ですが、だいぶ仲良くなりました。
「触るのは好きだけど、触られるのは嫌い。」と、100%オイラと同じ発想を持っているHARUがCHIRYUをカキカキ。
(でもCHIRYUがカキカキしようとすると、怒ってすぐに逃げちゃう天の邪鬼なHARU。)
ま、CHIRYUは深いことは何も考えていないみたいで、「やってくれるの?ありがと。」って感じ。

d0042851_10134153.jpgあと、CHIRYUは主にペレット食べてるので、たまにシードが食べたいらしく、やけに静かだなぁ・・・って時は、HARUの鳥かごに入り込み、HARUのシードをむさぼり食っている光景がチョイチョイ見られる。
HARUも怒ればいいのに、「邪魔なやつ来たなぁ~。早く食って出てけよ。」 って感じで、CHIRYUが満足して出て行くまで、特に文句も言わずに見守っているんですよね。
HARU、お姉さんだもんね、エライエライ☆

ま、カワイイ(うるさい?)二匹がいてくれるから、遊びほうけたい病&みんなでいたいの病のオイラが、毎日毎日ずっと家に居れるんでしょうね。
ほぼ1ヶ月お家にいるなんて、赤ちゃんの時以来なんじゃないかな?っていうぐらい、人生においても珍しい。

後1ヶ月もほぼお家にいるので、お茶飲みたい方、HARUとCHIRYUに会いたい方は、いつでも遊びに来てくださいね♪
一人と二匹でお迎えします☆


あ、料理やケーキは各自持参で。
オイラの手料理を食べさせられる拷問刑までついてくるのはかわいそうなのでね。
d0042851_1013767.jpg

にほんブログ村 鳥ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by keko37 | 2012-09-05 10:24 | いやし。